三日続けると楽になってくる

やり始めた時は大変だな、と思ったことでも、だいたい三日くらい続けると楽になってくるので、継続は大事だ。日記はなかなか続かないけど。
いま電子書籍を作っているのだけど、15万字ほど書いて、ひとまず最後まで到達した。それから推敲を始めたものの、それなりの分量なので時間がかかっている。また、古い中国の文章を翻訳している箇所も多いので、間違いがないかチェックするのも大変だ。
文章の追加、入れ替え、言い回しの調整、ルビの設定、画像の準備などがあり、無数にやることがでてくる。完成に向かってはいるのだけど、まだゴールは見えていない。
それでも着実に先に進んではいるので、自分で100%に達したと思えるところまでやり遂げたい。

運動量が減ってきている

少し前に運動をすると集中力が上がるからいい、というようなことを書いたのだけど、ここのところ運動量が落ちてきている。
原因はいくつかあって、まず暑くなってきたのにつれ、体を動かすのがしんどくなってきた、というのがある。
もうひとつあって、それはスーパーの営業時間が短縮されたことだ。
夕方、お風呂に入る前に運動をしていたのだけど、スーパーが早く閉まるようになったことで、夕方に早めに行動しなければならなくなり、結果として運動をする時間が足りなくなってしまった。
それ以外の時間にやればいいようなものだけど、習慣化していた時間が使えなくなると、習慣を維持するのは難しくなってしまう。
習慣化すると、脳と体がそれに順応し、続けやすくなるのだけど、その分だけ切り替えがしにくくなるのかもしれない。
そういうわけで、コロナの影響によって、運動量が減ってしまっているのだった。
早く収束してほしい。

文章を書くペースが上がっている

いま電子書籍を作っているのだけど、書くペースがどんどん上がってきていて、1日に8000字くらい書いている。
全体の2/3くらいまで進んだので、体が書くという行為に慣れ、負荷が小さくなってきているのかもしれない。
同じことを続けていると、その行為から受ける負荷が減り、効率がよくなってくるのだろう。
このままの調子で最後まで書きあげてしまいたい。
たぶん13万字くらいで仕上がると思う。

屋外ではマスクをつけるのをやめた

気温が上がってきたので、外を歩いている時にマスクをするのがだいぶ苦痛になってきた。
なので外を歩く時はマスクをつけるのをやめて、屋内に入る時だけつけることにした。
外は密な空間にはならないので、感染リスクはほとんどないだろう。
私の住んでいる市では、新しい感染者数が、毎日0人か1人しか出なくなっているので、警戒する必要も乏しくなってきている。
なので人との距離が近く、風通しが悪い屋内では念のためにマスクをつけ、それ以外では外す、というルールでやっていこうと思う。

運動量と集中力

ここ3年くらい、運動量を増やすように心がけているのだけど、その影響でだいぶ体力が向上してきた。
その結果、疲れにくくなり、ものごとに取り組むための集中力も上がった気がする。
具体的にはジョギングをしたりウォーキングをしたり、最近は自重トレーニングもしている。

そんなに深く考えず、ある程度は体を動かしていればいいだろう、という気分でやっている。
きっちりとスケジュールを組むのでなく、その時々の体の状態をモニタリングしつつ、余裕のある時に体を動かす、というスタイルだ。

体を動かすようになってから、自分の体の状態を把握する力が上がってきたと感じる。
体を動かすと負荷がかかり、あちこちが細々と痛みを訴えてくる。
走っていると息が苦しくなるし、膝が痛くなったりもするしで、様々な反応を体験する。
それを繰り返すうちに、しんどくなってきたら休み、楽になってきたら動く、というリズムを作れるようになってきた。
以前は体の状態を無視して活動していたので、いったん体調を崩すと立て直すのに時間がかかったのだけど、いまはそういうことは少なくなっている。
このあたりも、体を動かすようになってから生じたポジティブな変化だと言える。

そうやって体力や集中力が向上してくると、自然と活動量が増え、やろうと思っていたことに取り組みやすくなった。
すでに今年は1本アプリをリリースし、いまは電子書籍を作っている。
対象がなんであれ、ものを作り上げるには、一定期間、安定的に労力を注ぎこんでいく必要があるのだけど、それには体力による下支えが重要になる。
逆に言うと、体力がないと何もできない。
やりたいことがあるのだけど、なかなかやりこなせない、という悩みがある時には、体を動かしてみると、解決する場合もあるかもしれない。

個人的にはあまり生活が変わらない

もともと家で仕事をしていたので、新型コロナが流行しても、個人的には生活がほとんど変わっていない。

請け負った仕事をしたり、(こことは別の)サイトの記事を書いたり、アプリを作ったりしている。

変化したことと言えば、スーパーの閉店時間が2時間ほど早まったので、それに合わせて買い物に行く時間が早くなったくらいだ。

あとは普段買っているものにも変化があった。

私はよくおやつにバナナを食べているのだけど、仕入れが少なくなっているそうで、売り切れてしまっていることが多い。

代わりになるものは意外と見つけにくく、おやつを何にするのか問題が発生している。

後はキャベツの値段がだいぶ上がっていて、普段の1.5倍くらいになった。

キャベツもよく食べているので、地味に困る。

供給が途絶えているわけではないので、バナナほどは困らないのだけど。

 

お金の面で言うと、広告収益が大きく下がっている。

具体的には普段の3分の2くらいになっている。

経済がこうも停滞すると、広告の出稿数も減ってしまうのだろう。

今後も引き続きサイトの記事を増やしたり、アプリを作ったりもしていくのだけど、これらの収益の増加はかなりのんびりとしたペースなので、もうちょっとテンポよく収益を増やせるジャンルはないだろうかと、模索した方がよいかもしれない。

5月頃からは自分のやりたいことに集中できる状況が戻ってくるので、その時点から何に力を入れるのか、よく考えつつ行動していきたい。

ファーウェイのスマホ、新型コロナ、支援制度 3月22日の日記

ファーウェイのスマホを購入した

制作しているアプリの検証用に、ファーウェイのAndroid端末を購入した。
まだGoogleのサービスが使える時期のものなので、特に制限はない。
nova lite 3という、2万円くらいの安めのやつなのだけど、動作速度は特に遅くなく、重たいゲームをやるのでもなければ困らなさそうだ。
はじめから保護フィルムが貼ってあり、ケースも付属していた。
こういうところはなかなか親切だと思う。

この機種は顔認証と指紋認証の両方に対応していて、どちらもアプリで使用するのでこれを選んだ。
価格の割にはよくできているし、アメリカが脅威に感じてファーウェイの抑え込みにかかっている理由も、なんだかわかるような気がした。
とりあえずこれを使ってアプリの検証をすませ、リリースしたい。

新型コロナの影響

Google Play Consoleという、アプリをリリースするためのサイトがあるのだけど、「審査には普段よりも時間がかかります」といった内容のメッセージが表示されるようになっている。
新型コロナの影響で人手が足りなくなっているようだ。
アメリカでも感染者数が急増を始めており、危険な状態に陥りつつある模様。

自営で仕事をしているので、個人的にもコロナの影響は大きい。
まず、3月は本来、広告収益が増える時期なのだけど、むしろ普段よりも減少傾向にある。
そして請け負うはずだった案件がペンディングになっていて、いつ始まるのかがわからなくなっている。

サイトやアプリからの広告収益があるので、すぐには困らないものの、長期化すると困ることになるかもしれない。
さしあたっては、自分でサイトの記事を作ったり、アプリを企画・制作して稼ぐことはできるので、そちらにより重点をおいて活動することになりそうだ。
請負から独自の活動にシフトしつつあったのが幸いしている。
請負や委託のみで収入を得ている人は、かなり大変だろう。

支援制度

政府が10万円を給付する、という話が出ているが、それ以外にも福祉協議会が生活に困っている人を対象に、最大で80万円を無利子・保証人なしで貸し付ける制度を実施するそうだ。

blog.freelance-jp.org

本格的にまずい状況になった時に備えて、支援制度の情報は集めておきたいところ。

いまのところ日本では感染拡大のペースがゆっくりとしているが、未曾有の事態に立ち会っているのだという認識をもって対処していきたい