消耗するYouTuber、逃亡の代償、文章を書くことについて 1月13日の日記

消耗するYouTuber

YouTuberは更新頻度が高くないと、人気を維持できないらしい。
アメリカで人気のYouTuberたちはそれで消耗し、続々引退している、という記事をこの前読んだ。
毎日のようにネタを考えて動画を作り、編集し、投稿するという生活は確かに大変そうだ。

検索で上位を取るのにも更新頻度が重要だそうだけど、Googleのサービスはみな似た傾向にあるのかもしれない。
運営側からすると、たくさんコンテンツが投入されればされるほど得をするので、そういう仕組みにしているのだろう。
そこで稼ごうとすると、供給側は疲弊していくことになる。

それはそれとして、そのうち動画を作ってみたくはある。
週1くらいのペースで、相方とラジオのようにしゃべる。
日々、時事ネタなどを見てネットに感想を書いてたりしているので、それを拡張してしゃべればコンテンツとしては成り立つと思う。
人気が出るかどうかとか、再生数とかはどうでもいいので、趣味のひとつとしてやってみたい。
相方が見つかるかどうかが一番の問題だけど。

Nintendo Switchのコントローラーを買った

Nintendo Switchのワイヤレス・ホリコントローラーを買ったのだけど、なかなか使いやすい。
ボタンもスティックも押しやすく、操作がしやすくなった。
バッテリーもけっこうもつようだし、よい買い物だったと言える。
これでスプラトゥーンのウデマエも上がるはず。たぶん。

ゴーンの逃亡の代償

ゴーンは逃亡したことで保釈金15億円を没収され、逃亡の費用に16億円(推定値)を費やしたようだ。
それでいて、逃げた先のレバノンでも訴訟を起こされそうになり、出国が禁止され、フランス当局からもルノーの資金の使い込み疑惑で調査を受けている。
逃げた代償はなかなか大きそうである。

文章を書くことについて

朝に書く文章は、思いつくままに推敲しないで書きまくるのがよさそうだ。
すーっと言葉を、流れのままに出していくことが重要。
そうでないと思考が自由にならない。
だいたい30分も書けば、その日に書きたいことは書けそうだ。
残りの30分で前日の文章をまとめて投稿する、というスタンスでやってみる。

毎日、情報や思考は頭にたまっていく。
たまっていく一方だとバランスが悪くなり、意識が不鮮明になっていく感じがする。
文章を書き、形にして表に出すことで、そのバランスの悪さが解消されるのではないかと思う。